放射線治療で身体を蝕む細胞を撃退【癌を治療する最新の方法】

3人のナース

喉にできてしまうがん

微笑む患者とナース

咽頭がんの症状はたくさんあります。食べ物や飲み物が飲み込みにくくなってしまったり、声がかすれてしまったりなど、喉に関する症状が多いです。首にしこりができてしまって大きくなったり、違和感を覚えたりしても咽頭がんの可能性が大きいです。このような症状がでてきた場合は自力で治そうとはせずに、専門の病院で検査を受けることが必要になります。検査をせずに放っておくとがんが進行してしまって、手術ができなくなり取り返しがつかないようなことになりかねません。そのようなことにならないように、病院で検査をして早期発見することが大事になります。

咽頭がんの原因はたくさんありますが、主に喫煙が大きな原因とされています。タバコに含まれている成分の中には発がん性物質が含まれており、その成分ががんを引き起こす原因となっています。更に、煙は喉を通るので、必然的に喉を傷つけてしまいます。禁煙をすることで咽頭がんになる可能性が大きく低下することがわかってきているので、まずは禁煙をすることが大事になります。

若い頃から喫煙をしている人は、50代くらいから咽頭がんを発症してしまう可能性が高くなります。ヘビースモーカーの人は40代くらいからも発症してしまう人もいるので、喫煙している期間や量などによって、咽頭がんになってしまう確率は様々です。遅い人では60代から発症してしまうこともあります。しかし、喫煙をしていなくても発症してしまうこともあります。

Copyright© 2016 放射線治療で身体を蝕む細胞を撃退【癌を治療する最新の方法】 All Rights Reserved.