放射線治療で身体を蝕む細胞を撃退【癌を治療する最新の方法】

3人のナース

胆のうにできてしまうがん

ナースと患者

胆のうがんは胆のうや胆管などにできてしまったがんの事をいいます。胆のうは食べ物を消化するためにも必要な消化器官の1つですので、がんになってしまうと大変なことになってしまいます。胆のうがんにならないようにするためにも予防したいところですが、加齢に伴って発症してしまう病気ですので予防が難しいです。唯一ストレスを溜めないようにすることが大事になるので、気分転換したりしてストレスを溜めても発散することが大事になります。

胆のうがんの症状は複数ありますが、主に尿が茶色っぽくなってしまったり便が白くなってしまったりする症状などがあります。また、体の様々な場所にかゆみのような症状がでてきたときも、胆のうがんの可能性が高いです。このような症状が出てきた場合は、自力で治そうとせずに病院にいって検査をすることが大切になります。早期発見することでがんが大きくなる前に手術でがんを取り除くことができます。そのため、早めに病院で検査を受けることが重要になります。

胆のうがんは手術での治療が一般的です。ほとんどの場合は手術で治療することが可能ですが、がんが転移してしまったりしているときには、手術ができないようなこともありえます。手術ができないようなことになったら、がんを直接取り除くことができませんが、抗がん剤や放射線治療などで治療をすることになります。抗がん剤は、がんの進行を遅らせることができるので、寿命を伸ばすことができます。

Copyright© 2016 放射線治療で身体を蝕む細胞を撃退【癌を治療する最新の方法】 All Rights Reserved.